携帯・スマホからでもお問い合わせ・お見積りはこちら

0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月~土曜日 日・祝を除く) 受付時間:8:00~17:00
(日・祝を除く)

WASTE RECYCLING蛍光灯・畳・太陽光パネル
リサイクル

  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 蛍光灯・畳・太陽光パネルリサイクル

処理の難しい廃棄物の
リサイクルもおまかせください。

蛍光灯リサイクル

使用済み蛍光灯のリサイクルについて

蛍光灯には微量ではありますが有害物質である水銀が含まれており、環境省より「水銀使用製品産業廃棄物」の対象に指定されています。山本清掃では使用済み蛍光灯の回収を行い、専門技術を保有する提携工場に処分を委託することで、蛍光灯の適正処理、リサイクルを行っています。

  • 口金の部分

    口金の部分

    口金の部分は複雑な分別処理をし、洗浄などにより不純物を取り除きアルミの原料とします。

  • ガラス部分

    ガラス部分

    ガラス部分は細かく砕かれ、水銀や不純物を取り除き、グラスウールやセメントの材料となります。

  • 水銀

    水銀

    水銀は熱によって気化させ、ガラスや金属と分離させて高純度の水銀を再精製します。

畳リサイクル

使用済み畳のリサイクルについて

使用済みの廃畳は産業廃棄物として「焼却」や「埋め立て」により処理されますが、山本清掃では廃畳を資源としてリサイクルしています。山本清掃では回収した畳を中間処理を行ったうえでRPF(固形燃料)の原料として提携工場に納めます。製造されたRPFは製紙工場の燃料として再利用されます。

廃畳回収→中間処理→運搬→RPF製造(提携工場)→製紙工場の燃料として利用

太陽光パネルリサイクル

廃棄太陽光パネルのリユース・リサイクルについて

再生可能エネルギーへの取り組みにより大量の太陽光パネルが世の中に出回るようになりました。寿命を迎えたり故障や交換により不要となった太陽光パネルの廃棄は山本清掃におまかせください。回収した廃太陽光パネルは中間処理を行ったうえで提携工場に運搬します。太陽光パネルは鉛などの有害物質を取り除いたうえで金属、ガラスに分別され原料としてメーカーに納入されます。

廃パネル発生→回収→中間処理→運搬→ガラスメーカー精錬会社など

株式会社 山本清掃

〒612-8244
京都府京都市伏見区横大路千両松町196番地の1

TEL:075-623-5555(代) FAX:075-623-5511

お問い合わせフォームへ

携帯・スマホからでもお問い合わせ・お見積りはこちら

0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月~土曜日 日・祝を除く)

携帯・スマホからでもお問い合わせ・お見積りはこちら

0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月〜土曜日 日・祝を除く)