携帯・スマホからでもお問い合わせ・お見積りはこちら

0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月~土曜日 日・祝を除く) 受付時間:8:00~17:00
(日・祝を除く)

お役立ち情報

  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 産業廃棄物
  4. 産業廃棄物を分別することの必要性について解説
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 収集運搬
  4. 産業廃棄物を分別することの必要性について解説
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 不用品回収
  4. 産業廃棄物を分別することの必要性について解説
産業廃棄物収集運搬不用品回収

公開日:2021-06-16   更新日:2021-08-05

産業廃棄物を分別することの必要性について解説


産業廃棄物を分別する重要性や適切な捨て方が知りたい人向けに、産業廃棄物を分別する理由について解説します。分別の仕方、廃棄物が最終処分場で処分されるまでの流れについてもあわせて確認しましょう。


産業廃棄物を分別しなければいけない理由とは


産業廃棄物の中には、燃やすことで有害物質が出るものがあります。そのため、環境汚染を防ぐには分別が必要です。産業廃棄物でも、家庭ごみと同様にリサイクルができるものもあるので、再利用できるものはリサイクルにまわして環境汚染対策をするべきです。

産業廃棄物の分別表を確認しよう

廃棄物はただ捨てればいいわけではありません。どのように捨てたらいいのかは地域によっても異なるため、自治体のホームページ別表を確認してみてください。ここでは、ごみの処理方法の一例を紹介します。

事業系一般廃棄物の分別表

事業所から出る廃棄物でも、産業廃棄物ではなく一般廃棄物の取り扱いになる廃棄物もあります。自治体で処分については取り決められています。

分類

内容

処分の仕方

可燃ごみ(燃やすごみ)

汚れた紙や、リサイクルが難しい紙など

自社で処分するか、一般廃棄物の許可業者に処分を委託

生ごみ

食べ残し、売れ残った弁当など

できるだけリサイクル化、生ごみ処理機などで処理を行う。無理な場合は一般廃棄物の許可業者に依頼

資源ごみ

古紙、段ボール、紙パック、コピー紙など

リサイクル業者に依頼するか、一般廃棄物の許可業者に処分を委託

粗大ごみ

デスク、棚など

廃棄物処理業者に依頼

産業廃棄物の分別表

産業廃棄物は廃棄物処理法により20種に分類されていますが、ここでは代表的なものを

紹介します。

分類

内容

処分の仕方

プラスチック類

ビニール袋、発泡スチロール、弁当の容器など

できるだけリサイクルを。廃棄する場合には産業界器物の処理業者に依頼

ペットボトル

飲料ペットボトル、調味料ペットボトルなど

できるだけリサイクルを。廃棄する場合には産業界器物の処理業者に依頼

金属類

刃物類、バインダーの金具など

できるだけリサイクルを。廃棄する場合には産業界器物の処理業者に依頼

缶・ビン

商品の入っていた缶、ビンなど

できるだけリサイクルを。廃棄する場合には産業界器物の処理業者に依頼

廃油

潤滑油、洗浄油、鉱物性油、溶剤など

廃食油のリサイクル業者などに依頼

紙くず

建設業やパルプ製造業、製糸業、出版業などから出たもの

できるだけリサイクルを。廃棄する場合には産業界器物の処理業者に依頼


自社で分別を徹底するコツを紹介

会社、事業所単位で廃棄物を減らすには、会社全体で分別を徹底することが必要です。ここではいくつかの分別しやすくするためのアイデアを紹介します。

分別方法を視覚的にわかりやすく掲示する

廃棄物の種類ごとの発生した量と再生利用が可能な量、そして処理にかかった経費を記録しましょう。分別前と分別後を撮影し、視覚的にわかりやすく記録するのもおすすめです。

それら社内に掲示することで、分別方法を視覚的にわかりやすく伝えられます。

産業廃棄物が出たらすぐに分別する習慣をつける

産業廃棄物が出た後でやろうとはせずにすぐに分別を行うようにしましょう

先延ばしにすると面倒に感じますし、まとめてやろうとすると思いのほか労力が必要となるものです。最初は面倒でもこまめに分別をすることで習慣づき、分別を苦に感じなくなるでしょう。

分別について質問できる仕組みを作る

社員が分別の仕方について迷ったときのために、問い合わせ窓口を設けることをおすすめします。社内内線やメールアドレスなどを周知しておくと良いでしょう。社内チャットなどにご意見箱のようなスレッドを設けておくのもおすすめです。

全社的に実施する

分別を徹底するには、全社的に取り組むことが大切です。リサイクルの大切さを共有し、理解と協力を得るようにしましょう。

社内で懇親会や幹事会を開いたり、改善活動を行うサークルなどを活用したりしながら意識を高めてもらうのも効果的です。

産業廃棄物の処理手順について知っておこう


ここからは、排出した産業廃棄物がどのように処理されていくか、最終処分場の問題もまじえて見ていきます。

手順1:産業廃棄物の分別・保管

産業廃棄物は「廃プラスチック類」「金属くず」「廃油」「乾電池」などに分別して保管します。2つ以上の物質が結合し分けることが難しいものについては「混合廃棄物」としてまとめて保管しなくてはいけません。

保管については保管場所に囲いを設け、保管場所であることを書いた看板を設置するなど、厳しい基準があります。

手順2:産業廃棄物の収集・運搬

事業所などから出た廃棄物は、委託された業者によって運ばれていきます。

収集と運搬を事業として行うには許可が必要です。依頼するほうも無許可の収集・運搬業者に委託すると違反になるので注意しましょう。

手順3:産業廃棄物の積替・保管

廃棄物を別の車に積み替えて出荷するまで、一時的に保管することを積替・保管といいます。これを行う許可は単独では受けられず、収集・運搬業許可に含まれる形で許可を得られる仕組みです。

手順4:産業廃棄物の中間処理

約8割の産業廃棄物は中間処理場にてさまざまに加工されます。まず搬入されたら確認のうえ軽量され、荷下ろしヤードで展開検査やあら選別が行われる流れです。

ある程度量が貯まったら最終目的地へと出荷されていきます。

手順5:産業廃棄物の再生

廃棄物を加工し原材料化して再生を行います。主なリサイクル方法は、原材料を生かし再加工する「マテリアルサイクル」、化学反応を使って再利用する「ケミカルリサイクル」、熱を回収して活用する「サーマルリサイクル」の3種類です。

手順6:産業廃棄物の最終処分

リサイクルされなかった廃棄物は最終処分場に運ばれ埋め立てされます。

ただし、最終処分場の建設には地域住民からの反対も起きやすく新設は難しい状況です。そのため、後20年ほどで限界に達すると考えられています。それを避けるためにも、少しでも最終処分に回すものを減らす努力が大切です。

まとめ

廃棄物を分別することでリサイクルも可能となり廃棄物の量を減らせます。循環型社会実現のためにも廃棄物の様子を写真に撮るなどし視覚的に社員に伝え、分別の意識を高めることも大切です。

株式会社山本清掃は、収集運搬~中間処理、リサイクルまで一貫して依頼できる企業です。優良産廃処理業者の認定も受けているため、安心して産業廃棄物の処理を任せられます。スマホから簡単に問い合わせができるので、ぜひご利用をご検討ください。

この記事を書いた人

山本 智也

山本 智也取締役、経営戦略室

資格:京都3Rカウンセラー・廃棄物処理施設技術管理者
廃棄物の収集運搬や選別、営業を経て現在、経営戦略室室長として勤務。
不確実で複雑な業界だからこそ、わかりやすくをモットーにあなたのお役に立てる情報をお届けします。

産業廃棄物・リサイクルについてのご相談は
⼭本清掃におまかせください。
お問い合わせ・無料お⾒積りはこちらから。
携帯・スマホからでもご利⽤いただけます。

お問い合わせフォームへ 0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月~土曜日 日・祝を除く)

携帯・スマホからでもお問い合わせ・お見積りはこちら

0120-82-0005

受付時間:8:00~17:00(月~土曜日 日・祝を除く)