News★

2012年9月3日
投稿者:★

東日本大震災以降、

福島県内では、放射性物質を除去するための除染作業が行われていますが、

その作業が思うように進まないそうです。

汚染された土などを保管する施設(=中間処分場建設)の設置が進まないためです。

 

何故?中間処分場建設の設置が進まないかと言うと、
最終処分場の県外建設計画が決定していないから、

「一体どのくらいの期間、一時保管となるのか?」

「最終処分場が決まるまで半永久的に保管されるのではないだろうか?」と

中間処分場周辺の住民の方からの”不安の声”があるからだそうです。

「震災からおよそ1年6ヵ月経った今も震災の猛威は、衰えていないな」と、

改めて考えさせられるNewsでした。

 

あなたの着なくなった服を義援金に!